FC2ブログ
我が家の永遠のゼロ
DSCN5440.jpg

実家へ戻った際に なにやら古い地図帳が 出て来たんです
昭和四年発行で 保存状態も良く けっこう貴重なものなのかもしれません

実家のある周辺地図なのですが なじみのある名前に交じって 聞いたこともないような地名がいっぱい
もちろん 電車や新しい道路など一切なく 神社や寺院がなければ 判別不能なエリアもたくさんありました
元々 地図を見るのは好きだったので まさに目からうろこ状態で しばらく没頭したのでありました

しかし 驚いたのはそれではなく 一緒に出て来た我が家の古い戸籍 
物は二十年程前にコピーされたものと新しいのですが 内容はかなり古く 家系図とまで行きませんが 私のルーツの一部がわかるものでした

多分 明治期 戸籍を作り始めた 初期の物の様です
私の ひいひいひいおじいちゃんから始まるその戸籍 その名も 文政生まれの ”平左衛門” 姓は無いようです

ところがところが・・ 驚くことは それにとどまらず 聞いてビックリ 見てビックリ 戸籍って 驚き満載ですね
もちろん 私の知っている年代まで 証されているのですが 知らなかった事実が目白押し
 
特に 戦後の混乱した時期には いろいろあったようです どこの家系も似た様な事があったのでしょうね
我が家も まさに 永遠のゼロ状態 だったようです
具体的には書きませんが そんな事もあったんだね~ なんて 未知の発見に 興奮してしまいました

そう言えば 大往生で亡くなった嫁の祖母曰く 結婚式当日まで 相手を知らなかったそうです
昔は そんなもんだったんでしょうね 

皆さんも戸籍 探ってみては・・
けっこう 衝撃があるかもしれませんよ
知らない兄弟が いたりして
スポンサーサイト



【2016/03/11 18:30】 | 私の逸品 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<知らぬ間に 春 | ホーム | 意外と 寒かった>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://35enoti.blog79.fc2.com/tb.php/1560-1d052e5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |