FC2ブログ
暖炉掃除
CIMG6254.jpg

だいぶ遅くなりましたが 今日は暖炉の掃除です

冬の間 暖かな炎で 多くのお客様を楽しませてくれました

”山麓館 唯一の自慢” と言いましょうか? 自慢できるものだと思っております

暖炉といいますが 様々な形があるようです

それは良いのですが 一般的に 薪ストーブといっしょにしている方も多いようですが
暖炉と薪ストーブは 全く別物!

それぞれ特徴や長短あるので どちらが良いとも言えませんが 
薪ストーブは一般家庭でも流行っていますし 良く見かけますが 暖炉のある一般家庭というのは かなり少ないのではないでしょうか

薪ストーブの 効率の良さや あの揺れる炎は魅力的なのですが 私は この暖炉の奏でる音や 薪の香に惚れこんでおります

我が家の暖炉は ロストルをどかすと 見ての通り穴が開いています 下には1立米位の灰の溜まる穴が開いていて そこへ外からの吸気口が入っています 外から吸気された空気が 炎を通って煙突から排気される仕組みです

要するに 室内の酸素を燃さないシステムになっています

これが一般的かどうかは分りませんが 聞いた所によると暖炉の設計は非常に難しく 煙突周辺の地形や 木々 建物 風の動きなどで かなり変わるようです

おかげ様で 我が家の暖炉はよく燃えると評判なんですよ
時として 家中 煙にはまかれますが まあご愛嬌でしょう

来シーズンの為に しっかり掃除してやりました
スポンサーサイト



【2011/06/01 15:20】 | 山麓館の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<心にしみる 小さな出来事 | ホーム | 屋根の修理 始まりました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://35enoti.blog79.fc2.com/tb.php/76-62f3196f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |